0715518
「下着屋ドットコム」つれづれ日記
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
            ※ ここには投稿できなくなっております。※

キッチン・ガーデン その2 投稿者:ジョイ 投稿日:2005/05/27(Fri) 12:39 No.44  

シソはこれからの季節毎日使います。
沢山芽が出たときには専用の鉢にまとめて植えておきます。
娘がいいます。
『沢山の花を育てるのにきゅうりやなすやトマトの野菜は育てないの?』

ナスとトマトの苗を買ってきました。
ナスの花が二つ咲いています。ふふふ。。。。楽しみがふえた〜〜ぞ〜〜

実は菜物をやったときに虫に一晩で全滅させられたことがあって、それ以来無農薬
は難しいのでやめてしまったのです。もう一度、挑戦!!



キッチン・ガーデン 投稿者:ジョイ 投稿日:2005/05/27(Fri) 12:37 No.43  

キッチンガーデンにあこがれています。
しかし、しかし・・・耕す土地はなし・・・
レタス、バジル、シソ、イチゴ、ブドウ、ユズくらいは鉢で育ちます。
レタスは3株くらい、植えておくと毎朝の添え物くらいには十分。
シソはアチコチの鉢から出たので夏中買わなくても間に合います。バジルも
ちょっとあしらう程度ならオーケーです。

2〜3枚の葉っぱが食卓に出ただけでも豊かな気分になるんです。



シャクヤクも今年はげんき! 投稿者:ジョイ 投稿日:2005/05/27(Fri) 12:30 No.42  

シャクヤクも何年ぶりか蕾を持ちました。
今年の庭はさいこう!!



今の季節の醍醐味 投稿者:ジョイ 投稿日:2005/05/27(Fri) 12:28 No.41  

光と影が美しい季節です。
休みの日はぼ〜っとこんな眺めを見ていると、心静かになります。



名前が良くわからないばら 投稿者:ジョイ 投稿日:2005/05/27(Fri) 12:25 No.40  

毎年、チャールストンだと思っていると後から、別の鉢からチャールストンらしき
バラが咲いて・・・・

チャールストンではないことは はっきりしました。
ひょっとして、『赤フジ』かな~・・・調査中



アイスバーグ 投稿者:ジョイ 投稿日:2005/05/27(Fri) 12:22 No.39  

いい香りのアイスバーグ、
アイスバーグにはこんもりとするタイプとつるのタイプとがあるそうですね。
我が家のはツルのタイプです。
やはり、香りがあるバラは二度おいしいって思います。」



バラ カクテル 投稿者:ジョイ 投稿日:2005/05/27(Fri) 12:20 No.38  

日当りのあまり良く無いところですが朝日だけで毎年咲きます。
先日、クレアのガーデナーの方の話でも日陰でも明るいことと風通しがよければ
バラは育つといっていましたが。カクテルと、アイスバーグはそんな環境でも
咲いています。
蕾のうちにアブラ虫が付くとかれてしまうので、それだけは気をつけています。



ライラックにクマン蜂が来ています。 投稿者:ジョイ 投稿日:2005/05/27(Fri) 12:14 No.37  

今年は例外なくライラックもは花が沢山咲いて、サンルームの出入り口あたりは
ほのかに花の香りがしています。
今の時期は害虫も沢山発生しますが、蜂たちも活発に蜜集めをしています。
そばに来てもさすことはまずありません。蜂を追い払おうとすればひょっとして
攻撃してくるのかもしれませんが・・・高いところでブンブンいっているので、問題ありません。
毎日、見かけますが危険を感じたことはないんですね〜〜


ライラックではなくイボタノキでした。



まさ子 というバラが。。。Clareその3 投稿者:ジョイ 投稿日:2005/05/27(Fri) 11:31 No.36  

オールドローズ まさこ
ガーデナーの方は説明するときに薔薇の名前でもまさ子さまとよんでいました。
ほのかに香るやさしい薔薇です。




近くのバラ園で・・・Clare 投稿者:ジョイ 投稿日:2005/05/27(Fri) 11:24 No.34  

友人に誘われて近くのバラ園に行ってきました。
今日はナビゲーターが横にいるので案内されるままに日野市にあるClare(クレア)でゆっくり流れる時間を
すごしてきました。我が家から ちょっと車で走ると多摩丘陵です。
あまりこちらには来たことが無いので新鮮です。
大手ディベロッパーによって開発された多摩センター近くは 以前、来たときよりは
落ち着いたきれいな町になっていました。私の持っていたイメージより素敵な町に変身していました。
クレアは友人が寒い頃に行って感激したというので、私を連れてってくれたのです・・・
自然なお庭つくりに無農薬の自家栽培の野菜、イギリス・アンティークの
小物、大物(家具も注文できるようです)
まずは、駐車場にとめるとそこへ、ここの奥様らしきご婦人が黒のレトリバー犬を連れて
通りがけに気さくに見ていたバラを説明してくださって、門を入る前からいい気分です。




ブーゲンビリア 投稿者:ジョイ 投稿日:2005/05/23(Mon) 18:54 No.29  

移動したら花色が濃い目の赤で咲いています。
赤く見えるのは花じゃなくガクの部分だそうですね。



ライラック 投稿者:ジョイ 投稿日:2005/05/23(Mon) 18:52 No.28  

白のライラックが咲き始めて、ほのかに香ります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
実はイボタノキでした・・・



白のバラ 投稿者:ジョイ 投稿日:2005/05/23(Mon) 18:51 No.27  

こんなバラ買ったのさえ覚えていなかった・・・
今年の春の前の手入れが良かったんでしょう。

春霞って買った覚えがあるのでこれかも・・



ノイバラ 投稿者:ジョイ 投稿日:2005/05/23(Mon) 18:50 No.26  

バラの中でも強い種類だと聞いていましたが、かなり背丈が伸びました。



つるバラ 投稿者:ジョイ 投稿日:2005/05/23(Mon) 18:48 No.25  

ピンクのつるバラです。
花房を沢山つけてくれたので、仏様に一番花を切ってあげました。
春霞というのを買った覚えがあるのですが・・・これかな〜?

園芸で行き着くとバラになる・・・と、聞いたようなこともあるけれど、
ほんとに人の心を癒したり、高揚させたり・・・バラは素敵です。
今年は元気なバラばかりです。

これは ひょっとすると”春霞”かな〜?
わかりました!  『桜貝』です



バラが咲き始めました 投稿者:ジョイ 投稿日:2005/05/23(Mon) 18:46 No.24  

2,3日家を空けていたら、バラが咲き始めていました。
このバラも、もう何年も咲いていなかったバラですが。。。
名札もなくなってしまったけれど濁ったピンク色に惹かれて買ったのを思い出しました。

P.S.
花期が長いバラです。 咲き始めはピンク系だったのに しばらくすると、オレンジ系のにごった
色になって、これもまた 良い感じです♪



新緑の角館 投稿者:ジョイ 投稿日:2005/05/23(Mon) 14:27 No.23  

今日の、最後の観光地は角館,
だんだん空模様は明るくなりました。角館につく頃にはすっかりはれています。
まずは、腹ごしらえに稲庭うどん、観光客も少ないのか ゆったり、写真で見る
角館そのものを散策できました。
黒川家のある前の道は当時のままだと聞いて、ここの殿様の町作りは先見の目が
あった方なんだといたく関心したり・・・

今までの東北のイメージは暗い・・・でも実感は・・・広く、明るかった・・
帰路は大曲から秋田自動車に入り北上JCTから東北道に入り、佐野S.A.で夕食をとり
11時頃には我が家に着きました。パンクのアクシデントはあったものの無事故で
帰れました。秋にはもう一度、奥入瀬を歩きたい・・・そして、白神山地のぶなの森も
歩いてみたい。。。次の目標です。



翌日も雨。。。 投稿者:ジョイ 投稿日:2005/05/23(Mon) 14:20 No.22  

雨の中、乳頭温泉をチェックアウトをして、次の目的地、角館に向かいます。
昨夜は闇と雨で まったく見えなかった水芭蕉が雨の中、あちこちに見えますが、
外に出る気はしないので、車を止めては見ていました。その間、温泉に向かう車が
結構来ます。すごい人気なのだとびっくりしました。
実は、先週に予約したかったのですが、予約がとれずに この日、一部屋だけ空いていたので
東北の旅は乳頭温泉の空き状況で日程が決まったわけ。
秋も10月くらいまで予約はかなり埋まってしまっているとのこと。
次に泊まる時は、早くに予約をするかキャンセル待ちってことになるんでしょう。

さて、田沢湖も私は初めてですので一周しました。写真より たつ子ひめの像は
キンピカで風景から浮いているように見えたのはわたしだけ?
この頃雨がポツリポツリ位になり、傘無しでも歩けました。



今宵は乳頭温泉、鶴の湯だ〜! 投稿者:ジョイ 投稿日:2005/05/23(Mon) 14:14 No.21  

十和田あたりから一般道、282号線から341号線をひた走り、雪が滑り落ちそうな壁があったりで
まだ、このあたりは冬の景色です。
宝仙湖の大きさにびっくりしたり車がほとんど走っていない山道は雨とはいえ快適なドライブです。
田沢湖あたりで乳頭温泉への入り口を通り過ぎたものの、何とかたどり着きました。
宿に着いたときは雨はざんざんぶり・・・・
遅くに着いたのでまずは食事になり、有名な芋煮のなべ、思ったより塩辛くない味付け、
はじめて、がっこを戴きました。燻製沢庵といったとこでしょうか。なかなか珍味です。
一休みしてから女性専用の露天風呂に雨の中入りましたが、やはり、冷たいですね。

翌朝にも男女混浴風呂が見える内風呂にも入って混浴以外のお風呂は入ってきました。
さすがに大雨なので雑誌でよく見る外のお風呂は誰も入っていませんでした。
今度は他の宿に泊まって、ここには日帰り湯を楽しんでみたいですね。
土砂降りなので外の写真がまったく撮れなくて、残念でした。、、、

チェックアウト時にはすでに、日帰り入浴のお客さんが来ていました。
外はすごい降りなのに・・・名湯なんですね〜。

昨夜は闇と雨で まったく見えなかった水芭蕉があちこちに見えますが、
外に出る気はしないので、車を止めては見ていました。その間、温泉に向かう車が
結構、来ます。この雨なのに・・・すごい人気なんですね。実感です。



奥入瀬渓流を歩く 投稿者:ジョイ 投稿日:2005/05/23(Mon) 14:01 No.20  

夢にまで見た奥入瀬・・・・・
子の口に車を置いてそこの方がおっしゃるには向こう側からこちらに向かって
歩いてきた方が眺めがいいと教えてくれたので、バスで石ヶ戸まで先に行くことに
して、待合の建物の中で待っていて。。。ふと外を見るとバスが走り出しています。
追いかけたのですが・・・行ってしまいました。バックミラーにみえたはずだけど・・・
お店の人が心配そうに来てくれてタクシーで行くことになりました。観光タクシーのように
要所要所で説明してくれて、タクシーなので三乱れの流れまで行き、
さ〜いよいよ石ヶ戸から子の口までウォーキングです。途中、雨が振ったりやんだり
とにかく3時間位で戻ってこれたみたい。雨が降らなかったらもっとゆっくり歩いてしまったかも。

途中、阿修羅の流れでまたまた、川崎のお二人とぱったり、数時間前にはじめて会ったというのに
名刺交換や、携帯番号を教えていただいたり・・・不思議に懐かしさで話が盛り上がってしまいました。
旅って良いですね〜〜。
久々の9キロですので足が痛くなりましたが、気分は爽快です。すっかり雨になりこれから
乳頭温泉に向かいます。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196]
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -